スーパーフード×ゴールデンベリー

学名:Physalis(ピサリス)

俗名:アグアイマント,ゴールデンベリー,インカベリー

科目:ナス科

食用の部位:果実

産地:ペルーの高地や標高の高い地域など

植物の詳細:ペルー原産のナス科の植物で、日本のほおづきと形は似ていますが含まれる栄養成分はことなります。また、ほおづき市でみられる観賞用のものとも違い『食用ほおづき』になります。

ゴールデンベリーの特徴

ペルーでは古くはインカ帝国の時代から食べられてきた果実で、『インカ人の失われし作物』と呼ばれ珍重されてきました。この点がインカベリーとも呼ばれる所以です。

ゴールデンベリーの栄養価は黄色っぽい見た目の通りに、カロテノイド類が豊富に含まれています。ほのかな甘みと刺激的な酸味が味の特徴です。カロテノイドは脂溶性のため、そのままでは消化管内に分散されにくいのでアボカドなどの油脂を含む食品と一緒に食べると、体内で効率的に働いてくれます。

フレッシュなものは日本では手に入りにくいですが、ドライフルーツに加工されたものは最近では簡単に手に入るようになりました。ドライフルーツであればそのままおやつとして、甘酸っぱさをいかしてデザートのトッピングにと特別に調理しなくても手軽に食べられます。

 

ゴールデンベリーのドライフルーツ

ゴールデンベリーのドライフルーツ

 

こんな方に

ゴールデンベリーに含まれるカロテノイドは抗酸化成分として働いてくれますし、食物繊維は腸内環境を整えて必要のない成分を吸着して排泄する働きがあります。また糖質や脂質の代謝に必要なビタミンB群も含有しているので美容に適したスーパーフードといえます。

<ゴールデンベリーに含まれる特徴的な栄養成分>

  1. カロテノイド(ベータカロテン)
  2. ビタミン(ビタミンB群、ビタミンC、イノシトール(ビタミン様成分)など)
  3. 食物繊維
  4. ミネラル(鉄、リンなど)
  • 0