酵素って何でしょう?

酵素とは何でしょう?

酵素は最近『酵素スムージー』や『玄米酵素』などの人気で健康・美容に良いものとして知られていますが、では酵素って一体何でしょうか?知っているようで良くわからない点を、簡単にお伝えできればと思います。

酵素(ENZYME:エンザイム)とは・・

体の中で作られるたんぱく質で、体内の様々な化学反応(食べたものを分解、消化、吸収、排泄など)に触媒として作用する成分です。よく微生物や細菌類といった生き物として思っている方も多いと思いますが、正体はたんぱく質です。

1種類の酵素には1つの反応を触媒する働きしかなく、人の体内では約3,000種類もの酵素が合成されています。酵素は全ての化学反応に必要なものなので、酵素なくしては人だけでは無く、動物、植物全てが生きていくことが出来ません。

 

酵素の図解

酵素の種類

酵素は大まかに分けると、下記の3種類になります。

  1. 食物酵素・・食べ物の中に含まれる酵素
  2. 消化酵素・・食べたものを消化するのに必要な酵素
  3. 代謝酵素・・呼吸や老廃物の排泄、肌の新陳代謝などに必要な酵素

※2,3を合わせて体内酵素と呼びます。

何故、酵素を摂ると体に良いとされるのでしょうか?

酵素を摂ると体によいとされる理由は、次の通りです。

体内で作られる体内酵素の量は決まっています。

⇒しかし肉類や揚げ物、ファストフード食や食べ過ぎ、アルコールの摂りすぎなどで消化酵素が頑張って働いてしまうと、呼吸や肌の新陳代謝などの生命活動に必要な代謝酵素の分が減少してしまう

⇒足りなくなった分を食物酵素を摂る事で補う

⇒食物酵素を摂る事で、体内酵素(消化酵素・代謝酵素)が使われるのを節約して、生命活動に必要な代謝酵素がしっかり働いてくれる

⇒健康と美容維持になる

まとめ

健康的に美容を維持しながら生活していくためには、酵素は不可欠なものであり、普段の食生活で使われる消化酵素を節約して、しっかりと代謝が出来るカラダ作りを目指す事が必要です。それには揚げ物や肉類、ファストフードなど消化酵素をたくさん使ってしまう食生活をちょっと見直し、消化に負担の少ない野菜や果物から食物酵素を補っていくことが、健康・美容維持の近道かと思います。

食物酵素は何から摂れば良いの?

食物酵素を摂るには、野菜や果物が適していると思います(肉類にも酵素は含まれていますが消化にエネルギーを使うため、植物性のものがオススメです)。そして生で食べるという事が重要です。

野菜と果実

何故、生かというと酵素はたんぱく質なので熱やp.Hなどで変性してしまう性質があるからです。熱に対しては酵素の種類にもよりますがだいたい、48℃以上の熱が加わると酵素の活性が失われてしまいますので(失活:しっかつと言います)生で食べることが必要です。

よくドラッグストアーやオンラインショッピングなどで、『酵素スムージー』という粉末状の食品を見かけますが、粉末にする過程で熱を加えていますので酵素活性があるかどうかは???なところです。

そういった食品に使われる原材料として『植物発酵抽出物』という食材が有り、主に日本のメーカーでつくられています。中身は果物や野菜やハーブ、穀物などを菌で発酵・熟成したものをろ過した、粘度がある食材です。身近なところでは『万田酵素』さんが有名です。これらは植物を発酵・熟成する過程で食材の分解がたえず行われており、栄養素量が増えるといった点や固形物が液状になるので消化・吸収しやすくなっているという点が優れていて、食べる価値はあります。

この粘度の高い状態(ペースト状)だと酵素活性があるものもありますが、粉末状の食品だと殆どが酵素は失活していると考えられます。(粉末でも酵素活性があるものは確かに存在します)よって粉末状の食品で酵素を補おうと思った際は、販売しているメーカーさんに酵素活性があるかどうか確認することが良いと思います。

まとめ

食物酵素を摂るには下記が効率的でオススメです。

  • 生の野菜や果物を食べる。
  • 生の野菜・果物をミキサーでスムージーにすると、より消化・吸収がよくなります。

 

以上、長文をご覧いただきありがとうございました。

次回は酵素が働くときに必要な補酵素(ビタミン)についてお伝え出来ればと考えております。

  • 0