スーパーフード「フリーカ」を使ったおすすめレシピ:夏の冷えにフリーカを使った『腸活』プレート

★夏は外と室内の気温差と冷たいものを食べがちな生活で体の中は夏冷えがちな状態です。その結果、内臓が冷やされて働きが悪くなり、便秘・下痢気味といった不調の原因となります。そんな不調の改善に必要な成分がしっかり摂れて、美味しさも抜群の次世代のスーパーフードと言われるフリーカをご紹介します。フリーカとは青麦(小麦が青い若芽の状態で収穫)をローストして乾燥させて穀物の事でその栄養値の高さからチアシード、キヌアといった雑穀スーパーフードの次のトレンドと大変注目されています。フリーカに含まれる食物繊維は夏に弱ってしまった腸内環境を整える【腸活】にピッタリの食材です。このフリーカの特徴と、フリーカを使用した簡単腸活レシピをご紹介します。

  • スーパーフードBoost!フリーカで食物繊維、たんぱく質、ビタミンB群,ミネラル(亜鉛,鉄,銅など)などの栄養素が摂れて栄養価がUPします。また血糖値の上昇が緩やかな低GI食品であるという事もうれしいポイントです♪

 

【材料】各レシピ2人分

 「フリーカの腸活ごはん」

  • フリーカ・・・1カップ
  • 水・・・2カップ
  • 塩・・・少さじ1/4

「フリーカの腸活スープ」

  • フリーカ・・・1カップ
  • 水・・・8カップ
  • 塩・・・少々

「フリーカの腸活サラダ」

  • 炊いたフリーカ・・・大さじ2
  • きゅうり・・・1本
  • ミニトマト・・・6個
  • オレンジ・・・1個
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • レモン果汁・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々

「フリーカの腸活豆腐あんかけ」

  • 炊いたフリーカ・・・小さじ1
  • 絹ごし豆腐・・・1/4丁
  • 玉ねぎ・・・1玉
  • ズッキーニ・・・1/2本
  • にんじん・・・1/2本
  • 昆布だし汁・・・2カップ
  • しょう油・・・少さじ1
  • 水溶き片栗粉・・・適量

【作り方】

「フリーカの腸活ごはん」

  1. 鍋などに材料をすべて入れ、火にかける。
  2. 沸騰したら弱火にしてフタをしめ10分ほど炊く。

※10分程炊いたあとに火を止めて5分程蒸らすと、より美味しく召し上がれます♪

「フリーカの腸活スープ」

  1. 鍋などに材料をすべて入れ、火をかける。
  2. 沸騰したら弱火にしてフタをしめ60分位コトコト煮込む。アクは適宜すくう。
  3. 味見をしながら、塩加減を調整して出来上がり。

「フリーカの腸活サラダ」

  1. きゅうりとミニトマトを食べやすい大きさに切る。
  2. オレンジは皮と薄皮をとり、食べやすい大きさに切る。
  3. オリーブオイル、レモン果汁を1・2とあわせて、さっくりと混ぜる。
  4. 炊いたフリーカをあわせて、塩で味の調整をしながら混ぜたら出来上がり♪

「フリーカの腸活豆腐あんかけ」

  1. 玉ねぎをみじん切りにする。
  2. ズッキーニとにんじんを食べやすい大きさに切る。
  3. 豆腐を鍋に入れて、茹でる(湯豆腐感覚で)。※レンジで1分温めてもOK
  4. 鍋などに1・2の具材と昆布だし汁を入れて中火で茹でる。
  5. 野菜に火が通ったら、しょう油とフリーカを加え弱火にし、水溶き片栗粉を入れてあんを作る。
  6. 豆腐の上に5のあんをかけたら出来上がり♪

★炊いたフリーカはフリーカを食べる時の基本的な調理になります。炊いた後はスープやサラダに入れたり、おかずのトッピングとアレンジが簡単なので、まずはシンプルなフリーカごはんをお試しください。

  • 0